Ladyboy レディーボーイとは何ですか?レディーボーイの定義

多少の違いはあるものの、基本的に、レディーボーイはアジアのトランスジェンダーMtFと考えて間違いありません。愛されることもあれば、嫌われることもある、レディーボーイという言葉とレディボーイには興味深い歴史があります。

レディーボーイの定義

レディーボーイは、Kathoeyの英語訳(文字通りではありませんが)で、タイではトランスジェンダーMtFとほぼ同じ意味で使われますが、女性らしいゲイの男性も含まれます。

この言葉の正確な起源はわかりません。タイでは、kathoeyという単語がずっと使われていて、概念自体は昔からあります。おそらくタイが観光地として有名になった頃が起源と考えて良いと思います。ベトナム戦争中に米軍が余暇時間をタイのビーチで過ごす時に、お酒と女性を求めました。kathoeyもその対象になりました。そして英語名が必要になったので作られたと言われています。

注意:レディーボーイという表現は万人に受け入れられる言葉ではありません。タイやアジアのほとんどの地域では問題ありませんが、西洋では差別的に使われます。インターネットや他のメディアにより、ポルノや売春に紐付けられ、レディーボーイポルノは西洋の男性に人気があります。また、レディーボーイという言葉は、正式な用語ではなく政治的にも不適切です。レディーボーイは、レディーなのか、ボーイなのかわからないからです。トランスジェンダーMtFは認知され、社会的、政治的にも正しい用語です。レディーボーイは主にアジアで日常的に使われています。つまり、タイに起源があり西洋人とのコミュニケーションをつなぐこの言葉は、アジアでは普通に受け入れらています。

タイのレディーボーイ


タイは笑顔の国として知られていますが、同じくらいレディーボーイの国としても知られています。他の国と比較して、フィリピンやマレーシアのように世界でもレディーボーイの人口が多い国です。ladyboyはKathoeyの英語訳で、トランスジェンダーMtFや女性らしいゲイの男性を指すタイの言葉です。

タイのレディーボーイがこれほど多いことを説明できる理由はたくさんあります。第一に、人々や社会がレディーボーイに対してオープンで寛容であることが挙げられます。タイ人は主には仏教徒ですが、この宗教は人との違いに対して寛容であることを説いています。第二に、タイのレディーボーイはとても女性らしい外見であることです。他のアジア人同様、小柄で小顔、滑らかな肌です。そのため、タイのレディーボーイはありのまま社会に受け入れられています。

タイの社会は、レディーボーイを広く受け入れています。他の国とは違い、家族にレディーボーイがいても恥ずかしいと思いません。多少の差別はあるものの、タイのレディーボーイは、職業選択においてもほとんど制限がありません。

フィリピンのレディーボーイ


タイの次はフィリピンです。伝統的なローマカトリックの国ですが、トランスジェンダーやレディボーイを含むLGBTにはとても寛容です。フィリピンの現地語でタイのKathoeyに相当する言葉はbaklaやbayotですが、女性らしいゲイとトランスジェンダーMtFのいずれかを指す表現です。

タイのように、フィリピンのレディーボーイは、社会で普通に生活しています。メディアや公共の場でもよく見かけます。トランスジェンダーの子供がいる家庭もありますが、家族の理解も良好です。

トランスジェンダーMtFの出会い系サイトには、フィリピンのレディーボーイが非常に多いという特徴があります。これは、彼女たちが英語が堪能で、パソコンやスマートフォンでアクセスできる範囲が広いことが背景にあります。

アジアのレディーボーイ

他のアジアの国でも、レディーボーイには固有の歴史があります。インドネシアのwarias、インドのhijras、日本のニューハーフなどです。これらの用語は、西洋のトランスジェンダーの概念と異なる部分もあり、非常に近いとは言えますが、完全に同じではありません。

英語のladyboyが、南東アジア全域でも一般的になり、現地の言葉として、または外国人と会話する際の訳語として使われるようになりました。

世界のレディーボーイ

その他の国では、レディーボーイという言葉はポルノに関連する以外はほとんど使われません。ヨーロッパやアメリカで好まれる表現は、ラテン語由来の、トランスジェンダーまたはトランスセクシュアルMtFです。トランスセクシュアルとゲイ(女性らしいホモセクシャルでも)は明確に区別しています。

レディーボーイという言葉は、アジア以外ではネットポルノに関係していたり、アジアのレディボーイの売春がテレビやドキュメンタリーでよく登場するため、ネガティブに受け取られます。レディーボーイは侮辱の表現や売春婦と同じ意味で使われたりもします。これは、トランスジェンダーMtFを認めないという意味も含んでいます。

レディーボーイと会ってデートする

レディーボーイと会うということは、多くの場合、アジアへ行くということとほぼ同じ意味です。彼女たちが住んでいる場所だからです。アジアのレディボーイの多くが東洋に住んでいますが、イギリス、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどもレディーボーイを含むアジアの移民をたくさん受け入れています。アジアでは、道で偶然誰かに出会うのと同じ位簡単にレディーボーイに出会えます。ただ、問題は見分けられるのか、ですよね?アジアのレディーボーイは集団の中でも目立つ場合が多いですが、生物学的な女性との区別が難しい場合もあります。

アジアを旅行中、街中で悪意を持ったレディーボーイと出くわす可能性があります。あなたが外国人なら、出会った人全てが偶然だと思わないでください。日和見主義者、組織犯罪、セックスワーカーの餌食になりやすいので注意してください。ただ、レディボーイは全て売春婦であるという固定概念は間違いです。普通の職に就いているレディーボーイはたくさんいますが、彼女たちは忙しいので、バーやクラブで男性を探す時間はありません。もちろん彼女たちも外で遊ぶことはありますが、バーでよく見かけるレディボーイは、セックス業界で働いている人たちなので注意してください。

MyLadyboyDateでレディーボーイと出会う

私たちはこれらの問題に立ち向かうためにMyLadyboyDateを立ち上げました。世界初の真面目なレディーボーイとトランスセクシュアルMtFの出会い系サイトを目指しています。レディーボーイの生活の中に、彼女たちが望む出会いと愛あるお付き合いを育む場所を提供したいと考えています。アジアに住んでいなくても、この出会い系サイトでレディボーイに出会えます。MyLadyboyDateでは、売春や風俗ではなく、普通のレディボーイに出会えます。男性と愛のあるお付き合いを望むレディボーイに出会えます。

数千人のメンバーがいて、みんな真剣な出会いを探しています。今すぐ登録して体験してみてください!

レディーボーイと出会う

今すぐ登録する

クイック検索